【YEAR関数】【MONTH関数】【DAY関数】「日付」から「年」、「月」、「日」を取得する

「年」、「月」、「日」を取得する方法は複数ありますが、
この記事では一番シンプルだと思う方法を記載します!

この記事では
 ・YEAR関数 (年の取得)
 ・MONTH関数(月の取得)
 ・DAY関数 (日の取得)
の使用方法を記載します!

上記の関数を使用することで、
 ・年月日(DATE型)
 ・年月日時分秒(DATETIME型)
 ・年月日(文字列型)
から「年」、「月」、「日」を取得することができます!

YEAR関数、MONTH関数、DAY関数とは

「年」、「月」、「日」を取得する関数です。
「Transact-SQL(T-SQL)」に含まれています。

YEAR関数、MONTH関数、DAY関数の戻り値はINT型です。

サンプルSQL

--DATE型、DATETIME型、文字列型の変数を定義
DECLARE 
	@date DATE,
	@dateTime DATETIME,
	@dateStr VARCHAR(8)

--変数へ日時を設定
SET @date     = GETDATE()
SET @dateTime = GETDATE()
SET @dateStr = '20200729'

--DATE型の変数から取得
SELECT
	YEAR(@date),
	MONTH(@date),
	DAY(@date)

--DATETIME型の変数から取得
SELECT
	YEAR(@dateStr),
	MONTH(@dateStr),
	DAY(@dateStr)

--文字列型の変数から取得
SELECT
	YEAR(@dateStr),
	MONTH(@dateStr),
	DAY(@dateStr)

サンプルSQLの実行結果

「年」、「月」、「日」を取得することができました!

 

DATEPART関数でも同様のことができますが、
YEAR関数、MONTH関数、DAY関数の方がシンプルかつ直感的で
分かりやすいと思います!

タイトルとURLをコピーしました