【UPDATE】【UPPER関数】テーブルに小文字で登録されている値を、大文字へ変換する

以下のように小文字で登録されている値を、

UPDATE文とUPPER関数を組み合わせることで、
以下のように大文字へ変換することができます!

UPPER関数とは

小文字を大文字へ変換する関数です。
「Transact-SQL(T-SQL)」に含まれています。
よってSQL Serverでのみ使用することができます

準備

以下のSQLを実行し、テーブルの作成/データの登録をします。

--テーブルの作成
CREATE TABLE employee(
	id      CHAR(5)      PRIMARY KEY,
	name    VARCHAR(10)
)

--テーブルへデータの登録
INSERT employee (id, name) VALUES ('00001', 'suzuki')
INSERT employee (id, name) VALUES ('00002', 'tanaka')
INSERT employee (id, name) VALUES ('00003', 'sato')

--確認
SELECT * FROM employee

サンプルSQL

以下のUPDATE文により、小文字を大文字へ変換します。
UPPER関数を使うところがポイントです。

--小文字を大文字へ変換
UPDATE employee
SET name = UPPER(name)

--確認
SELECT * FROM employee

サンプルSQLの実行結果

小文字を大文字へ変換することができました。

タイトルとURLをコピーしました