SQL Serverの概要、メリット/デメリット、種類について

この記事ではSQL Serverの
 ・概要
 ・メリット/デメリット
 ・種類
について記載します!
また使用している企業/自治体についても記載します!

SQL Serverの概要

Microsoft社が作成した「リレーショナルデータベースマネジメントシステム(RDBMS)」です。
標準SQLを拡張した「Transact-SQL」が使用されています。

Transact-SQLとは

標準SQLには無い制御フロー(IF文など)、変数、独自関数などが利用できるよう拡張された
SQLです。

Oracleにも便利な独自の制御フローや関数があるように、SQL Serverにも独自の便利なモノがあるというだけです。

SQL Serverのメリット

SQL Serverのメリットとして以下があります。

メリット1

高機能なSQLクライアントツールを無料で使用できる!

高機能なSQLクライアントツール「SQL Server Management Studio (SSMS)」を無料で使用することができます。
「SSMS」は様々なことを簡易な操作で実施することができ、非常に便利です。

例えば、簡易な操作でテーブルの定義やデータをテキストファイルへ出力することができます。


メリット2

Microsoft(マイクロソフト)社の各種製品との連携が容易!

Microsoft(マイクロソフト)社の各種製品との連携が容易のため、非常に便利です。

例えば、簡易な操作でテーブルの内容をExcelへ出力することができます。

また、バッチファイルからSQLを実行することができます。

また、VBAからSQLを実行することができます。

また、Visual Studioを使用してストアドプロシージャのデバッグをすることができます。


メリット3

インストールが容易!

簡単な手順でインストールすることができ、すぐに使用することができます。

SQL Serverのデメリット

特に思いつきません。

他のサイトでは「Transact-SQLはクセが強くて使いづらい」と記載されていますが、そんなことはありません。
※しかもどのサイトも同じ内容。コピペでもしているのでしょう。

各データベースには、それぞれ独自の方言(文法や関数)があります。

OracleにはOracle独自の方言、PostgreSQLにはPostgreSQL独自の方言があるように、
SQL Serverにも独自の方言(=Transact-SQL)があるだけです。

他の製品と比べて、Transact-SQLのクセが特別強いわけではありません。
ただの慣れの問題です。

「Transact-SQLはクセが強くて使いづらい」と記載しているサイトの運営者は、
SQL Serverを使用して間もない or 使用したことが無いのでは?と思います。

SQL Serverの種類

SQL Serverには4つの種類(4つのエディション)があります。 

Noエディション名特徴
1Enterprise Edition
エンタープライズエディション
・全ての機能を備えた最上位エディション
・大規模システム向け
・1番価格が高い
2Developer Edition
デベロッパーエディション
・No.1のEnterprise Editionと同じ機能を持つ
・開発用。実運用で使用できない
・Visual Studio Dev Essentialsにメンバー登録することで、無料で利用できる
3Standard Edition
スタンダードエディション
・1部の機能が制限されている ※基本機能は備えている
・小/中規模システム向け
・価格はNo.1のEnterprise Editionより安い
4Express Edition
エクスプレスエディション
・多くの機能が制限されている ※基本機能は備えている
・数人程度の小規模システム向け、または勉強用向け
・無料で利用できる

価格等の詳細については、公式サイトをご確認ください。
※下記はSQL Server 2019の場合です。


SQL Serverの勉強をする際は、無料で利用できるExpress Edition(エクスプレスエディション)で問題ありません。

SQL Serverを使用している企業/自治体

SQL Serverは多くの企業/自治体で使用されています。
使用している企業/自治体の一部は、公式サイトで紹介されています。


また検索サイトで「sql server 導入事例」と検索すると、複数のWebページが該当します。

タイトルとURLをコピーしました