【+演算子】行のデータと任意の文字列を結合する

以下のようなテーブルの行データと、

任意の文字列を結合することで、
以下のように新たな列を出力することができます。

↑列「メッセージ」を新たに出力。

 

SQL Serverで文字列を結合する際は、演算子「+」を使用します!

文字列結合で使用する「+演算子」

SQL Serverで文字列を結合する際に使用します。

「Transact-SQL(T-SQL)」に含まれています。

標準SQLで文字列を結合する際に使用する演算子は、「||」です。
2020/8/2時点においてSQL Serverでは未実装のため、
この演算子を使用することができません。

本記事の「+演算子」は、「四則演算子」ではなく「文字列連結演算子」です。

準備

以下のSQLを実行し、テーブルの作成/データの登録をします。

CREATE TABLE customer(
	id      CHAR(5)      PRIMARY KEY,
	name    VARCHAR(10),
	address VARCHAR(10)
)

INSERT customer (id, name, address) VALUES ('00001', '鈴木一郎', '東京')
INSERT customer (id, name, address) VALUES ('00002', '田中二郎', '大阪')
INSERT customer (id, name, address) VALUES ('00003', '佐藤三郎', '北海道')

SQL実行

SELECT
	name,
	address,
	'こんにちは' + name + 'さん!' + address + 'でオススメのお店を紹介します!' AS 'メッセージ'
FROM customer
タイトルとURLをコピーしました