mdfファイルを使用して、データベースを作成する

mdfファイルは「データベースファイル」です!
書籍のサンプル等で取得することがあります!

mdfファイルと使用することで、簡易にデータベースを
作成することができます!

ここでは書籍「ためしてナットクSQL 基礎編」のサンプルとして提供されているmdfファイルを使用して、
データベースを作成する手順を記載します!

mdfファイルの取得と配置

手順

サンプルデータを取得する

書籍「ためしてナットクSQL 基礎編」のサポートページより、サンプルデータ「Sql1Inst.zip」を取得し解凍する。
https://www.sbcr.jp/support/8359/
┗サンプルデータベースとクエリファイル

手順

mdfファイルを取得する

解凍により作成された「Sql2Inst.exe」を実行する。
実行により作成された「~Nattoku\Sql2\Database」配下の「JuchuSql1Base.mdf」を
コピーする。

手順

mdfファイルを格納する

mdfファイルを以下に格納する。
➡C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL15.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA

mdfファイルを使用してデータベースを作成

SSMSで以下を実行する。
※データベース名は任意。ここでは「JuchuSql1」としている。

CREATE DATABASE JuchuSql1
ON PRIMARY (FILENAME = 'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL15.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA\JuchuSql1Base.mdf')
FOR ATTACH
GO

データベースが作成されたことを確認

最新の情報に更新し、作成されたことを確認する。

 

作成されたデータベースには、既にテーブルやビューが存在します!
ゼロから作成する必要が無くて便利です!

タイトルとURLをコピーしました