【SQL Server】Visual Studioを使用して、ストプロをデバッグする

SQL Server Management Stuido(SSMS)では
ストアドプロシージャのデバッグはできませんが、
Visual Studioならばできます!

この記事では、Visual Studioを使用したストアドプロシージャの
デバッグ方法を記載します!

SQL Server Management Stuido(SSMS)では
ストアドプロシージャのデバッグはできない旨については、
以下の記事を参照してください!

 

PR

SQL Serverへ接続する

手順

Visual Studio起動し「新しいプロジェクトの作成」をクリックする。

「新しいプロジェクトの作成」
「新しいプロジェクトの作成」
手順

「空のプロジェクト(.NET Framework)」を選択し、「次へ」をクリックする。

「空のプロジェクト(.NET Framework)」
「空のプロジェクト(.NET Framework)」
手順

任意のプロジェクト名を入力し、「作成」をクリックする。

ここではプロジェクト名を「debugSample」とする

プロジェクトを作成
プロジェクトを作成
手順

[表示]→[SQL Serverオブジェクトエクスプローラー]をクリックする。

[表示]→[SQL Serverオブジェクトエクスプローラー]
[表示]→[SQL Serverオブジェクトエクスプローラー]
手順

「SQL Server」を右クリックし、「SQL Serverの追加」をクリックする。

「SQL Serverの追加」をクリック
「SQL Serverの追加」をクリック
手順

「サーバー名」や「データベース名」等を入力し、「接続」をクリックする。

サーバー名には「サーバーのPC名\インスタンス名」を入力する。

「サーバー名」や「データベース名」等を入力
「サーバー名」や「データベース名」等を入力

以下が表示されたら、SQL Serverへの接続は完了です!

SQL Serverへの接続完了
SQL Serverへの接続完了
PR

デバッグを実行する

手順

デバッグしたいストアドプロシージャを右クリックし、「プロシージャのデバッグ」をクリックする。

「プロシージャのデバッグ」
「プロシージャのデバッグ」
手順

必要に応じて引数を設定し、「OK」をクリックする。

引数を設定
引数を設定

ストプロのデバッグが開始されました!
「ステップオーバー」ボタン等をクリックしてデバッグを進めてください!

ストプロのデバッグ開始
ストプロのデバッグ開始
PR

デバッグを再実行する

「デバッガーで再実行」をクリックしてください。

デバッガーで再実行
デバッガーで再実行

 

ストプロのデバッグは
 ・Visual Studioで実施
しましょう!

タイトルとURLをコピーしました